form_close

記事購読のお申し込み記事購読の
お申し込み

高水準の有効求人倍率が続き、昨今の人財採用は売り手市場となっています。

 

応募者の多くは、選考プロセスがスピーディーな企業を選択する傾向があります。自社の選考プロセスが他社に比べて遅いと、応募者が他社へ入社してしまうリスクがあります。

 

このコラムでは、選考プロセスのスピードを向上するための取り組みについてご紹介します。

選考プロセスで時間がかかる面接の日時調整

選考プロセスは、一般的に下記のような流れとなっています。

選考の流れ

この中で、特に時間を要するのが面接です。その原因は、日時調整の難しさにあります。

 

面接では、面接官も応募者も面接会場へ赴く必要があります。しかし、面接官と応募者の双方が都合の良い日時を調整するのは容易ではありません。特に、経営層が面接官となる場合には外出や出張も多いため日時の調整は困難を極めます。

 

その結果、なかなか面接の実施日を決定することができず、選考プロセスそのものが長期化してしまい、結果的に先に採用を決定した他社に人財が流れてしまうといった状況が多くの企業で生まれています。

 

このような状況を打破するために、採用面接で「Web会議」を活用する企業が増えつつあります。

どこからでも「面接」ができる「Web面接」とは?

Web会議を採用面接で活用することで、面接官と応募者はいずれも面接会場へ移動する必要が無くなります。その結果、面接の実施日を調整しやすくなり、早期に面接を実施して選考プロセスのスピードを向上できます。

 

さらに、企業側にとっては面接官が面接会場へ赴くことで発生していた交通費や宿泊費、会場設営にかかわる人件費を削減できるというメリットもあります。また、応募者側にとっても同様に交通費や宿泊費を節約できるため求人に応募しやすくなります。そのため、より多くの人財が応募してくれる可能性が高まるでしょう。

 

最近では、地方の企業が都市圏の人財を採用する際に採用担当者が面接のために応募者のもとへ出張しているケースもあります。応募者の視点では、Uターン、Iターンで地元や地方で働きたいというニーズが高まっていますが、採用スピードを高めるには人財を採用する企業にも少なからず負担がかかっていることも事実です。

 

こうした、UターンやIターンを希望する応募者のニーズにも、Web会議を活用することで負担を最小限にとどめながら応えていくことができるでしょう。

 

さらに、面接を録画しておけば、面接官以外の関係者にも共有して、より多面的に応募者を評価できるようになります。さらに、録画した映像はその後の面接の改善にも役立ちます。

Web面接に最適なツールの基準とは?

では、どのような基準でWeb会議を選定すれば良いのでしょうか?

 

まずは、マルチデバイスに対応していることです。面接での活用にあたっては、スマートフォンやタブレット、PCなど、応募者が使い慣れたデバイスで利用できることが重要です。

 

次に、高品質な映像と音声を担保していることです。面接は、履歴書だけでは判断することが難しい人柄や対話力を確認するために実施されます。しかし、映像や音声が安定しない場合、こうした要素を確認することは困難でしょう。

 

そして、忘れてはならないのがセキュリティ対策です。面接では、企業と応募者の双方にとってセンシティブな内容がやり取りされます。そのため、通信の暗号化をはじめとするセキュリティ対策を施していることも重要となります。

 

さらに、録画機能を備えているかどうかも確認しましょう。録画機能があれば、他の関係者への共有も容易になるからです。

Web面接に有効活用されているV-CUBE ミーティング

国内Web会議市場10年連続No.1V-CUBE ミーティングは、Web面接にも活用されています。

 

V-CUBE ミーティングで面接を実施すれば、面接官と応募者はPCはもちろん、スマートフォンやタブレットからも参加できます。さらに、高画質で高音声、そして高い接続性という特徴があるため、面接を円滑に進めることができるでしょう。

 

面接官がV-CUBE ミーティングでWeb面接の予約を行うと、応募者向けの「参加URL」が発行されます。応募者は、URLからアプリを立ち上げるだけでWeb面接が可能となります。メールのURLから2クリックと、手間をかけずに面接に参加できることもV-CUBE ミーティングの大きな魅力です。

 

また、IPアドレスによるアクセス制限をはじめとした強固なセキュリティ対策を施しており、ASP/SaaS情報開示制度に認定されています。さらに、面接の内容を記録できる録画機能も備えています。

 

このようにV-CUBE ミーティングは、面接での活用に最適なWeb会議と言えるでしょう。

 

Web面接(ビデオ面接・オンライン面接)の流れ

Web面接で選考プロセスのスピード向上を実現できる!

今回ご紹介したように、選考プロセスのスピード向上を目指すうえでボトルネックとなりがちな面接も、Web会議を活用することで解消できます。

 

選考プロセスのスピード向上を目指している採用担当者様は、ぜひWeb会議、そしてV-CUBE ミーティングの活用をご検討ください。

Web面接で選考プロセスのスピード向上を実現

※株式会社シード・プランニング 『2017 ビデオ会議/Web会議の最新市場とビデオコミュニケーション周辺ビジネス動向』

 

 

オンライン研修の詳細はこちら